総合格闘界のホープ・鶴屋怜が語る「日本人初UFCチャンピオンへの道」

UFCデビュー戦を迎える総合格闘界のホープ鶴屋怜。米ネバダ州ラスベガスのT-モバイルアリーナで開催されるUFC303大会でカルロス・ヘルナンデスとの試合を控える。日本人初のUFCチャンピオンになるのが夢と語った、日本の若きファイターが語る格闘技人生と海外で勝利の掴み取るメソッドがここに。

▼【予告編】



▼目次

格闘技を始めたきっかけ

子供の頃の夢

MMAを選んだ理由

父・鶴屋浩氏との関係性

一番記憶に残ってる試合

UFCとの契約

メンタルについて

減量について

トレーニングについて

対戦相手のカルロス・ヘルナンデス選手の印象

UFCチャンピオンへの夢

孤独だったアメリカ修行

日本人選手と海外選手の違い

憧れの選手

日本の格闘技界に必要な事

試合中のメンタルについて

自身にとって格闘技とは

鶴屋怜

総合格闘家。THE BLACKBELT JAPAN所属。元フライ級キング・オブ・パンクラシスト。Road to UFC Season 2フライ級トーナメント優勝。UFCとの本契約を結んだ期待の日本UFCファイター。

本編動画・全ての記事は有料会員登録後に閲覧可能です。


7日間の無料トライアルを試す

COMMENT

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事